安全性を重視する

アンティークな丸いランプシェード

快適なお母さんのお腹の中から出てきた赤ちゃんの定位置はベビー布団。安全で気持ちのよいものを選びたいです。 赤ちゃんの骨や関節は未発達です。やわらかすぎるベビー用敷布団は、骨の発達が妨げられ変形の原因となります。また、寝返りのできない赤ちゃんがうつ伏せになったり、横向きになった時、やわらか過ぎる敷布団では窒息の可能性があり危険です。固めのベビー用マットを選ぶと良いでしょう。 赤ちゃんは体温調節が未熟で、熱が身体にこもりやすいです。薄めのベビー用の掛布団を選んで体温調節ができるように準備をしたいですね。 そして、赤ちゃんは汗っかきなので、おねしょ対策に防水シーツを使用するときは通気性の良い物を選びたいです。しかし、今は紙おむつが主流ですから、防水シーツよりも洗濯のしやすいキルティングマットや厚めのバスタオルを多めに用意して、汚れたら洗濯するのも清潔で良いのではないでしょうか。

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日の多くの時間を眠って過ごします。そのため、ベビー布団などの寝具類は重要なアイテムとなります。赤ちゃんが快適に過ごせるようにベビー布団はいつも清潔にしておきたいですが、ヨダレやミルクの吐き戻し、又はおしっこが漏れてしまったりと汚れる場合が多いものです。 ベビー布団を使用する時に、ちょっと工夫すると洗濯の手間が減って便利に使用できますのでご紹介しましょう。まずは、シーツの下に必ず防水シートを敷くことが大切です。水分が布団に染みこんでしまうと後片付けが大変なので、防水シートで食い止められるように布団をすっぽりとカバーできる大きめのシートを用意すると良いでしょう。 また、吐き戻しで汚しやすいベビー布団の上半分にバスタオルを予め敷いておくと、汚れたらすぐに交換できるので便利です。